夏の定番!はちみつレモンでリフレッシュ

私は趣味でマラソンを走ります。練習は週4、5回、時には20キロ以上走る日もありますが、夏場は走り終えると汗だく、クタクタの状態になってしまいます。

そんな時、口にするのがはちみつレモンです。よく、学生の運動部では女子マネージャーがレモンのはちみつ漬けを作っていくようですが、まさにあのはちみつレモン。自分で作り置きして、走り終わった後にレモンを食べ、液体は炭酸で割って飲みます。この炭酸はちみつレモンが格別に美味しいのです。はちみつは栄養素となるブドウ糖、そしてレモンは疲労回復に効果のあるクエン酸を含んでいるので、スポーツ後には最適みたいですね。

作るのもいたって簡単。できれば国産レモンがいいんですが、高い時は外国産を買ってきて、3~4つ塩で皮を綺麗に洗います。それから薄くスライスにして、種を取り除きます。そのレモンをタッパーに入れて、後ははちみつをレモンが浸かるぐらいに流し込むだけ。この状態で、冷蔵庫で1~2日寝かせると、もうはちみつレモンの完成です。はちみつの種類にも特にこだわりはありませんが、なるべくお高めの方が栄養的に良い気がするので、安物は買わないようにしています。

以前は、走った後ビールを飲んでしまう時もありましたが、その時は美味しくても、後になると体がだるくなり、眠くなってしまったりして、家事に差支えることもありました。それをはちみつレモンに変えたところ、氣分もすっきりするし、体の中からリフレッシュして、食欲も湧くようになったのです。健康的にランニングをしているのに、体に入れるものが不健康だと良くないですよね。その点、はちみつレモンは罪悪感なく食べて飲めるし、無駄がないので重宝しています。

夏の定番!はちみつレモンでリフレッシュ